1-61 死んでもらいます。

浴衣に着替えた二人が下駄の歯を敷いてある砂利をぎしり、ぎしりときしませながら、ペンション「ソリエ」の出入り口から出てきた。 「おい、あれは対と女だぞ。 どうだ、そうだろ?」 「あ~、そうです、そうです」 和田は早速ビデオ […]

1-53 緊張

心のどこかで諦め、いや諦めたくないという気持ちが錯綜しているさなか垣間見えた。{ あっ、あれ? }それはほんの瞬間だった。{ あっ、いたっ、、あれだっ、}希望のともし火が{ ぽっ! }と灯ったのだ。{ それっ! }っとば […]

1-51 とびっきりの笑顔

ありがたいこと?にチエは余計な追尾はしなかった。しかし調査初日にしてはどっと疲れた。ビデオカメラで建物などを撮った後、今日の調査を終わりにするつもりで、さりげなくチエの方向を向くと近づいていたチエは和田にとびっきりの笑顔 […]