1-121 極小生命体の心と頭脳

「そして心と肉体の関連性は自然界と同様の原理作用の中で動くだろうと思いました。であれば、心も体もバランスを保つ方向へと動くことになる。逆らうことがあれば生命の原理によって正される方向に向かう。その原理の動きの指向性の中で […]

1-120 心と宇宙の原理

「チエさん、ありがとうございました。早苗のご家族にとって、一年以上たった今もショックで憂鬱な日々が続いています。私も学生の頃からの早苗と過ごした日々がつい先日のように思えてならないのです。この事件は早苗が送ってくれたジャ […]

1-118 香港人 

「失礼しました。、、さて、、敵と申しましすのは、、、私たちにとってもやっかいな浮気のことです。洋の東西を問わず、大昔から、、、あぁ、、人間の性とでもいうのでしょうか、、、妻のミセス、ジュリアとその夫の王紅東は香港の飲食業 […]

1-117 敵、現る

「しかし不思議よねえ、、、人がベランダまで出て、そこから落ちるなんて、、、しかも夜明け前のことなんでしょう?、、、」「考えられないわ、、ミセス、ジュリアは新型インフルエンザに罹っていたんでしょう、、、むしろ具合が悪くって […]

1-115 薬物の疑惑

 「ところが皆さん、、、、」とチエはまたバシッと筒状にした用紙でテーブルを叩きつけた。思惟にふけっていた優子、織江、詩、龍それぞれがチエを注目する。「、、、この李という男を当然、シンガポール警察は取り調べました。早苗さん […]

1-114 錯綜の疑惑

「でもこの李ガンスという男、早苗とは仕事関係だよね。優子の顔を知っていたというのもいつからなのかしら、、、、」「私が早苗と最後に会ったのは去年の夏ごろ、その日一緒に居酒屋に行って、そして早苗のマンションにも行った。それ以 […]

1-113 嵐ファンネットワーク

「その前に、、、優子宛に招待状がフランクフルトから届いています」と龍が手を挙げて発言した。「私の先生のドクタークルト・ベルトハイムからです。先生に早苗の仕事や事件のことを話しましたら、ぜひこの機会に優子にお話ししたいこと […]