1-111 幸せへの道

それは優子にとって思わぬことだった。早苗が辿った心の軌跡を追憶することは、事件の真相を追求する以上に優子を考えさせた。早苗が悲惨な死を迎えたことに目を奪われて、その事件の真相だけを考えていた優子たちだった。しかし全く考え […]

1-108 尊厳ある遺書

早苗があの殺され方をしたことに犯人の早苗に対しての異常な憎しみが感じられる。早苗は犯人と話しているうちに、犯人の行為の理不尽さに苦しんだのではないだろうか。しかし犯人からの拘束から逃れるすべがなかったのだ。そしてその日が […]

1-107 ほとばしる涙

そして、、、優子は静かに嵐の歌を聴いている。頭に浮かぶのは音楽から流れ湧いてくる快いイメージだった。エンターテイメントの重要な一つは歌の内容と質なのだろうと思う。歌い手の歌う歌が人々の心に快い響きを伝えることができなけれ […]

1-106 人生の苦しみをとぎほぐすarashi

優子と織江は日本に帰るシンガポール航空の機中の人となっている。珍しいことだが、日本からシンガポールへと旅立つときに乗っていた幼い男の子と母親が再び日本に帰るこの飛行機に同乗していたのである。 この機中でもあの親子は楽しそ […]

1-105 陰性と陽性

ピュアプリンセス号はシンガポールの港マリーナ・ベイの片隅に停泊している。ミセスジュリアはデッキの上でうつぶせの状態のままで周りに白いシートが掛けられていた。そのまわりにはバーケードが設置されていた。すでに防護服を着た警察 […]